哲学カフェ

vincent pen gokko

Talk theme

届かない手紙、または宛て所に尋ね当たらない書物について

なぜ届かないのだろうか?  宛先が間違っていたのだろうか?  別人に手渡されてしまったり、なんらかの事情で届けることができなかったのだろうか?  それとも、  DMのように、宛名人には手渡されたのだが、当人はそれを自分宛てと思わなかったのかもしれない。そんな手紙は届いたことになるのだろうか? こう考えると、「届く」ことがそれほど簡単なことではないことに気づかされる。恋文は聞き届けられるとは限らない。メッセージを確実に届けようとすればするほど、それは紋切り型に近づき、届けたいものではなくなってしまう。手紙にとって宛先は不可欠でありながら、届くかどうかは定かではない。書くという営みが成就するといえるのは……

第1回

2022.4.27 WED 
17:00-19:00(16:30より受付)

対象者:兵庫教育大学学生(教職員)

会場:兵庫教育大学教材文化資料館展示室(附属図書館内)

第2回

2022.5.26 THU
17:00-19:00

対象者:全国の国立大学図書館職員・兵庫教育大学学生(教職員)

会場:ZOOMまたはYoutube配信

QR_475700.png

FACILITATOR

MORI
HIDEKI

森秀樹
兵庫教育大学社会系教科マネジメントコース教授

​専門は、哲学・倫理学。ハイデガーを中心に近・現代哲学を研究。自己と他者の絡み合いや文化の生成について考えているうちに、始まることって何という創発の沼にはまり込み、どこにも辿りつくことのないまま彷徨中(フラヌール)。市民性教育の一環として、教室の中での対話を促進する「哲学対話」にも取り組む。

mori_2.jpg